臨床心理職の国家資格を創設するために必要とされる活動を行っています。

推進連

「その他その者に準ずるもの」(たたき台)への「要望書そのA」を提出

 公認心理師カリキュラム等検討会・第3回会議において配布されました標記のたたき台には,専修学校(修業年限4年以上)において,公認心理師の養成が行われる案が提示されております。
 上記検討会ではまだ検討されておりませんが,三団体会談では,検討の結果,公認心理師の養成にはふさわしくないとの考えを平成29年4月17日づけ要望書として座長及び推進室あて提出いたしました。
 今回改めましてその趣旨を追加した要望書そのAを4月26日づけで提出いたしましたのでお知らせ申しあげます。

 

「要望書〜公認心理師法における「その他その者に準ずるもの」につきまして〜」(pdf)

公認心理師法が成立しました

9月9日、参議院本会議におきまして、公認心理師法は全会一致の賛成で成立いたしました。
これまでの皆様のご尽力にこころより感謝申し上げます。
心理職の国家資格が成立しましたことにより、今後さまざまな変化や課題が生じるかと思いますが、引き続き力を合わせて対応してゆきたいと存じます。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

臨床心理職国家資格推進連絡協議会
会長 鶴 光代

資料

公認心理師法、附帯決議、質疑応答は、以下からご覧になれます。
それぞれクリックしてください。

 

公認心理師法
衆議院文部科学委員会 附帯決議
参議院文教科学委員会 附帯決議
参議院文教科学委員会 質疑応答


ホーム RSS購読 サイトマップ